こんにちは。小宮山美樹です。

「働いているとベビーサイン育児は難しいですか?」
「復職予定なのでベビーサインはあまり意味がないでしょうか?」

産休中のお母様から多数お問い合わせをいただいています。

お仕事をしながらでもベビーサイン育児は楽しめます!

教室には、お仕事をしながらベビーサイン育児を実践されているお母様も多くいらっしゃいます!
復職予定の方には、復職後のベビーサイン育児の進め方もお伝えしていますので、ご安心くださいね^^

今日は、保育園に通いながらベビーサインを続けている受講生の皆さんのエピソードをご紹介しますね。

保育園に通う受講生ベビーサイナーちゃんの様子

保育園での出来事もベビーサインでお話

「保育園で【お歌】歌ったよ」
「今日は【お絵かき】したんだ~」など、
まだ上手にお話しができなくても、保育園の様子をベビーサインで上手に伝えてくれる横浜教室のYくん。

お子様の楽しい気持ちを共有できるって、嬉しいですね。

 

お迎えの時間に【大好き】のベビーサイン

恵比寿教室のCちゃんは
保育園のお迎え時間にママを見つけて【大好き】のベビーサイン。

「ママ大好き!待ってたよ~って言われたようで本当にうれしかったです。」とお母様が笑顔で教えてくれました。

 

帰り道の【お花】見ていこう!とベビーサイン

恵比寿教室のKくんは、お母さんといつも帰り道のお花を見ているそう。

自転車で違う道から帰ったある日、Kくんがお母さんの背中をトントンと叩いて【お花】のベビーサイン

「いつものお花が咲いてる道を帰りたいって言ってるんだな~とすぐにわかって、なんだか感動しました。」とお母様。

 

頑張っている気持ちを【おっぱい】のベビーサインで

田町三田教室のDくんは、保育園に通い始めて1か月。
沢山ベビーサインは使えるのだけど、保育園から帰ったら必ず【おっぱい】のベビーサイン。

「おっぱいが飲みたいわけじゃなくて、ギュッと抱っこしてほしいんだなと感じています。毎日頑張ってる思い、少し寂しい気持ちを受け止めるつもりで、【おっぱい】のサインにこたえています。」とお母様。

 

教室には復職予定のお母様もいらっしゃいます。
また、復職後も通ってくださっている方もたくさん!

「復職予定だとベビーサイン育児は難しい?」

いいえ。お仕事をしながらでもベビーサイン育児は楽しめます!

復職予定の方には、復職後のベビーサイン育児の進め方もお伝えしていますので、ご安心ください!

お子さんは大好きなお母さん・お父さんと一緒に過ごす時間に、たくさんおしゃべりしたいと思っていますよ。
お子様自身がまだ上手にお話しができなくても「自分の気持ちを伝える手段がある」というのは、復職後とても重要です。

「パパとママとおしゃべりするのが楽しい」
保育園に通うお子さんと気持ちが伝えあえること。

それが、受講生のお母様方がお仕事をしながらベビーサイン育児を続けている理由なのだと、実感しています。

現在産休中のお母様、復職前にお子様とのコミュニケーションの基盤作りを始めておきたいですね^^