こんにちは。小宮山美樹です。

教室で、受講生がケガをしたり、具合が悪くなってしまったたとき、
あなたは、教室を主宰する講師として、適切に対応する自信はありますか?

「自信があります!」と言い切れる方は少数ではないでしょうか。

いざというときに自信をもって落ち着いて対応できる先生になりたい!というあなた、
「保健室の先生が教える!教室でおこりやすいケガへの対応マスター講座」で講師として必要な知識を学びませんか?

 

もし教室でこんなケガがおきたら?

例えば、もし、教室でこんなことが起きた場合、あなたは教室講師としてどのような対応をしますか?

●お子様同士が正面衝突。一方は唇が切れ出血。もう一方は頭を打撲。
・あなたは、どこを観て、どんな処置をする?
・病院に行くべき?
・講師としてお母様への声かけは?

●お子さんから鼻血。
・止血するのに押さえる場所は?
・押さえる強さは?

●教室の帰り道、お子様が段差からジャンプ。踏み外して足をひねって、教室に戻ってこられた。
・骨折?冷やす?
・骨折の可能性がある場合、どう対応する?
・教室にあるものを使った固定法は?

わかるようで、わからない。
でも、専門家じゃないから・・・なんて言わないで!

あなたは、教室を主宰している講師。
あなたには講師として教室で起こるケガにきちんと対応するための活きた知識と技術が求められます。

そんな「わからない」を解決するために、
看護師が教えるベビーサイン教室では、「保健室の先生が教える!教室でおこりやすいケガへの対応講座」を開催します!

 

「保健室の先生が教える!教室でおくりやすいケガへの対応講座」とは?

以前も様々なテーマで不定期開催していた講師向け講座。
2019年度より、当教室講師の勉強も兼ねて、定期開催をしていくことになりました!

私の教室の講師の勉強も兼ねているため、内容は講師として本当に必要な知識をわかりやすく、より実践的に学ぶ少人数制講座で行います。

・打撲(頭、その他)時の対応
・出血時(鼻、口唇、その他)の対応
・擦り傷・切り傷への対応
・指を挟んだ時の対応
・骨折を疑うケガへの対応
・発熱時の対応
・嘔吐時の対応・・・

基本中の基本であっても、正しく理解して実践している講師は少ない。
研修等を通して、そのように感じています。

講座の内容は、講師としてだけでなく、あなたの日常の中でも使えるものばかり。
根拠を持ってケガへの処置が行える。そんなあなたの自信となる内容です。

▼前回4月22日開催の様子

*食物アレルギーへの対応講座は8月26日開催を予定しております。

講座担当は幼稚園保健室で年間1000人以上のケガや病気に対応

4月に続いて6月の講座も、私、小宮山が担当いたします。

ベビーサイン教室としては、100期を超えるベビーサインクラスを主宰。
マスター講師として活動中。
私立幼稚園の保健室の先生としては、年間1000人を超えるお子様のケガや病気、保護者の体調不良等を看てきた看護師です。
保育現場の研修講師も担当。

子供に起こりやすいケガや病気を数多く看てきた経験をもとに、
教室講師の皆さんが、いざというときにあわてずに落ち着いて対応できる知識と技術をお伝えします。

職員研修でも「講義がわかりやすい」「実践的で楽しい」と保育現場の皆様よりご好評いただいております。

あなたも、この機会に、私の教室スタッフと一緒に、教室の先生として必要な知識と技術を身につけていただきたいです!

保健室の先生がえる!「教室でおこりやすいケガや病気への対応マスター講座詳細

保健室の先生がえる!「教室でおこりやすいケガや病気への対応マスター講座」

●日時:2019年6月21日 10:00~12:00(120分)

●場所:恵比寿教室(恵比寿駅より徒歩5分)

東京都渋谷区恵比寿4-6-1 地下1階 カルフール内 スタジオ

●対象:乳幼児に関わるお仕事をされている方

●持ち物:筆記用具

●受講料:5000円(税込5400円)

●定員:6組

●お申し込み方法:こちらのフォームより、必要事項を明記の上お申込みください。

ケガをおこさない環境づくりはもちろん、
ケガが起きたときにも落ち着いて対応できる、生徒様から信頼いただける講師になれる。

そんな学びの場となる「保健室の先生が教える!教室でおこりやすいケガや病気対応マスター講座」。

新年度を安心して教室活動する上で、オススメの講座です!

あなたも受講生の皆様も、安心できる教室作りのお手伝いができる日を楽しみにしております^^

「保健室の先生が教える!教室で起こりやすいケガや病気への対応マスター講座」のお申込みはこちら