こんにちは。小宮山美樹です。

今日11月11日は「おりがみの日」。

11月11日は世界平和記念日であること、
11月11の「1」を4つ組み合わせると折り紙の形・正方形になることから、
1980年に日本折紙協会が制定したそうですよ^^

そんな今月は教室でも、0.1.2歳のお子様と一緒に、紙をクシャクシャして作る工作を楽しんでいます。

「小さな頃は沢山折ったのに忘れちゃったな~・・・」というお母さんも、
ぜひ、この機会にお子さんに折り紙を折ってみせてあげてくださいね。

さて、今日は我が子が2歳のころから大活躍している折紙絵本をご紹介します。

伝承おりがみ(全4冊セット) 親子であそぶおりがみ絵本 (福音館のペーパーバック絵本) [ 辻村益朗 ]

おりがみの本は、写真で作品が紹介されているものや、流行りの小物作りの本など、
カラフルなものもたくさんありますが、我が家が選んだ1冊はこちら。

福音館書店の伝承おりがみ 全4冊セット

実際に、店頭で中身を見せていただき、蔦屋書店の方にも相談して決めました!

子どもにもわかりやすいシンプルな内容と、手書きで描かれた温かみのある説明図、
「あ、これ幼いころに作った覚えが・・・」という記憶のあるような作品など、
幼児が作れる基本的な作品から、ちょっと高度なものまで紹介されています。

これ1冊で、子供が大きくなるまでずっと楽しめる!
そんな、素晴らしい1冊です。

「折紙好きなお子さんには、この1冊をじっくり味わって大人になるまで楽しんでほしい。
そして親になっても、ご自分のお子さんともそのまま楽しんでほしい絵本ですね。」
と、書店の方もお話しをされていました^^

11月11日おりがみの日。
童心に返ってお母さんもお父さんも折り紙作品を作って、お子さんに見せてあげてくださいね!

受講生の皆さんは、レッスン中の「親子でできる簡単工作」の時間もお楽しみくださいね^^