こんにちは。小宮山美樹です。

寒い日が続きますね。
昨年は、1月23日と2月2日が積雪で休講だったな~なんて思い出していました。
明日の東京は雪の予報です。

雪を見て、触れて、お子様達に雪を楽しんでほしいなと思っています^^

今日は、「雪」のベビーサインをご紹介します。

雪のベビーサイン

雪のベビーサインは、
左右それぞれの手で親指と人差し指で輪を作り、
左右交互にヒラヒラと揺らしながら雪が降ってくるように下ろす動きです。

雪がひらひらと舞う情景そのままを手の動きに取り入れた美しい日本手話。

お子様と雪降る様子を観察しながら、見せてあげてくださいね。

受講生の皆さんは、テキストのイラストでもご確認ください。

 

受講生の皆さんの 雪の日のベビーサインエピソード

継続クラスでご紹介している天気・気象のベビーサイン。

雪の日のある日、こんな風にベビーサインでお話をしてくれたお子様も^^

雪だるまを発見!三語文ベビーサインでお母さんに伝えたKちゃん。

「赤」「帽子」「雪だるま」とベビーサイン!

三語文ベビーサインで、
「赤いバケツをかぶった雪だるまがいるよ~」

雪の積もった朝、窓から外をみて、雪だるまを発見したKちゃん。
キラキラした表情で、お母さんにベビーサインで伝えてくれたそう。

雪に葉っぱで雪うさぎ!

教室では気象がテーマの回に、写真を使ってベビーサインをご紹介しています。

この日のレッスンでは、雪玉に葉っぱをつけたこんな写真が登場。

Tちゃんは「雪」「うさぎ」の二語文ベビーサインで、カワイイ雪ウサギさんを表現してくれました。

親子で季節を感じて、お子様はこの季節ならではの経験と記憶を、
そしてお母さんはベビーサインを通してそんなお子様の様子の思い出を記憶に残していきたいですね。

 

雪の日、どうやって遊べばいいの?

雪が降ると自宅にこもりがち。

ですが、雪に触れるだけ、見るだけでも、お子様にとっては新たな発見と感動につながるので、ぜひ、親子で雪に触れてみてくださいね。

「雪に色を付ける」
こんな雪の遊び方もありますよ^^

水に食紅を溶かして、雪玉にかけるだけ!

食紅なので、お子さんが口に入れてしまっても安全です。
継続クラスのお子様たちは、お母さんと一緒にできそうかな?

昨年の積雪では、娘とご近所のお友達と一緒に、
雪だるまに色を付けたり、かき氷に見立てて色を付けたり・・・
暗くなるまで自宅前で雪遊びを楽しんでいましたよ^^

「雪に色を付ける」遊び方の詳しい方法は、こちらにご紹介しています!
雪に色を付ける。雪の日ならではの色遊び

明日は、予報通り雪となるかしら?
寒い冬も、親子で季節を感じて楽しみたいですね。

クラスの皆さん、次のレッスンでお子様の雪の日のご様子、教えてくださいね^^

看護師が教えるベビーサイン教室 最新の開講情報