「ベビーサイン」

子育てをすることになって
初めてその言葉と出会った方もいらっしゃるかもしれません。

ベビーサインとは、
まだうまくお話しできない赤ちゃんと、手話やジェスチャーでコミュニケーションする育児法です。

1990年代にアメリカで始まり、
日本では2000年以降たくさんのご家族が実践しています。

おしゃべりできなくても、赤ちゃんたちは何かを感じ、何かを考え、そして伝えようとしているのです。
もし、赤ちゃんが伝えたいことがわかってあげられるとしたらどうでしょうか?
まだしゃべれないお子さんと双方向のコミュニケーションが取れたらどうでしょうか?
ストレスがなくなり、楽しく育児ができると思いませんか?

赤ちゃんにとって声を使って話すのは実は難しいこと。きちんと発生するためには口や舌や喉の筋肉、また言語能力の発達が必要なのです。でも手や指は比較的早くから自由に動かすことができます。だからベビーサインを使うことで赤ちゃんとコミュニケーションが取れるのです。

今、何を考えているのかな?
何に興味があるのかな?
どこまで手助けしてあげたらいいのかな?

こんな疑問を持った時に、ベビーサインがあれば、
赤ちゃんからしっかりと伝えてきてくれるという安心感があります。

おしゃべりできない時期から、こうやって双方向でしっかりコミュニケーションを取ってきた
という大事な基盤は、将来、学力よりも大事になる
お子さんの自己肯定感を育て、ママやパパの育児力をアップさせる
ことにつながります。

ベビーサインは一生続くお子様への愛の贈り物。
この時期だからこそ、親子のコミュニケーションを大切にしていきたいですね。